« №16 ある相続(その三)包括根保証改正について某地方銀行の対応 | トップページ | №18 札幌でのひととき »

№17 人生いろいろ

マイベストプロhttp://mbp-tokyo.com/taisei-kikaku/

先日某弁護士さんから依頼されたある不動産の任意売却で次のような場面に遭遇しました。

この売主である相続人の方は、債務を負った父親(被相続人)の死去により相続放棄の手続きを家庭裁判所に申述(申立)しました。しかしこの過程で始めて北海道在の別の相続人がおられることを知りました。

つまり、被相続人には先妻との間に男子と女子がおられ孫もおられ、更にその男子は既に他界されており、孫に当たる2人(未成年者)が代襲相続人になっていることが判明した訳です。

被相続人はこのことを亡くなるまで伏せておられたようで、相続人の両者とも、異母兄弟、甥姪が突然現れ、正に驚きでした。

プラス財産ならば逆の問題を引き起こしかねませんが、残念ながらこの場合は全く面識のないお祖父ちゃんの債務を何も知らない未成年の孫らが負うということになります。

債務内容を熟知している私としては、不動産の売却よりこの未成年の子らを守ることの方が先決で、法定代理人である親権者母親に相続放棄が必至であることを説明し、信頼を得た上で、家庭裁判所の相続放棄手続等をサポートするという経緯を踏みました。

更に当該不動産は抵当権者により競売の申立をされ、放棄に間に合わなかった相続人は抵当権者によって代位で共有者(持ち分所有者)として不動産登記されましたので、放棄した相続人の名前を改めて抹消し、事情があって放棄できない相続人一人所有に更正登記をするという事務的に神経の使う作業をしつつ今も任意売却にむけ行動しています。

教訓:人には色々な人生があることを実感しました。どのような事情があったか定かでありませんが、苦楽が付き物の人生で、晩年は穏やかに過ごせられることが幸せだと思います。子供のためにも!

記:大森孝成

|

« №16 ある相続(その三)包括根保証改正について某地方銀行の対応 | トップページ | №18 札幌でのひととき »

「大誠企画★新着情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104625/6582019

この記事へのトラックバック一覧です: №17 人生いろいろ:

« №16 ある相続(その三)包括根保証改正について某地方銀行の対応 | トップページ | №18 札幌でのひととき »