« №31 ヨレヨレ!夏の出来事(仕事に遊びに) | トップページ | №33 買って、読んで下さい(その2) »

№32 買って、読んでください(その1)

 マイベストプロ Img_0746_2http://mbp-tokyo.com/taisei-kikaku/

注目!「地域で活躍する事業再生アドバイザー」出版

  出版社 株式会社カナリア書房

  編集監修 事業再生研究会

大森孝成が所属している事業再生研究会の税理士・事業再生士等のメンバーの有志18名が、上記書籍を出版しました。ついて私が寄稿した文書を順次ご紹介いたします。

 

■編集者からの紹介

『倒産、任意整理、法人譲渡、そして自己破産を経験したコンサルタント』。

大誠企画代表、大森氏のアドバイスには、実体験に基づくリアリティがある。彼は過去の苦悩一つひとつを、いまでも鮮明に思い出せるという。だからこそ、いま同じ体験をしている経営者や個人を支えたいという思いも強いのだ。また彼は、再生への第一歩は複雑に絡んだ感情の糸をほぐすことだと語る。経営者にとってもっとも必要なのは、親身になって悩みやストレスを共有してくれる大森氏のような“人情派コンサルタント”ではないだろうか。岩礁地帯に迷い込み、行き先を見失った船(会社)と船長(経営者)に航路を示す水先案内人として、今後も親身にかかわっていく考えだ。

 

■コンサルタントは、精神面のサポーター

 

私は過去に二度、力およばず自らの会社を倒産させています。その際、債権者に対して少しでも多く弁済したいという申し訳ない気持ちが先行したために別の新たな問題を引き起こしたり、その筋の方と対峙したりと、まさに“泣きっ面に蜂”の事態に至ったこともありました。こうした結果に陥ったのは、事業再生に関するノウハウを持ち合わせていなかったことも挙げられますが、なによりも周囲に相談できる人や、同じような体験をした人がいなかったことが最大の原因だと思います。

7年ほど前、不動産業を営む私に、会社経営時代の友人が相談を持ちかけてきました。自身が経営している運送会社の経営が厳しくなってきたため、私の経験と知識を貸してもらえないかということでした。誰かにすがりたいという気持ちは、同じ悩みを体験した者としてよく理解できます。ましてや私に助けを求めてきたわけですから、何とかしてあげたいというのが人情でしょう。しかし、我流で事を進めることにはさすがに不安も感じます。そして駆け込んだのが、事業再生士上野良治氏(首都圏事業再生支援センター理事長)でした。そこで上野氏から事業再生という仕事があり、法務や税務のプロたちが参加して問題解決に当たっているということを知ったのです。「自分の経験とノウハウを生かし、各分野のプロとチームを組むことで、事業に行き詰って困っている方をサポートできるのではないか」――。そう思った私は、事業再生コンサルタントとして新たな一歩を踏み出すことにしました。

コンサルタントとしての私の役割は、債務者の立場に立ち複雑に絡んだ事象を整理して問題点を明確にし、解決策を導き出すことだと考えています。問題解決の細かい技術的ステップは、共同で解決にあたるその道のプロに任せてしまい、私自身はどんなことでも気軽に話せる相談相手になること、専門用語ではなく分りやすい言葉で説明し核心部分を正しく理解してもらうこと、これが私の基本姿勢です。言いかえれば、私たちコンサルタントに求められているのは、経営者を精神面から支えることなのかもしれません。

■悩みは一人で抱え込まない

 

現在担当している事案のひとつに、北海道の印刷会社があります。1960年に設立され、帳票物やパンフレット、チラシなどの印刷を事業の柱としているこの会社では、オンデマンド印刷などの新たな技術に乗り遅れたこともあり売上が激減、毎年継続して大きな赤字を計上しています。再建の方策はなく、経営者は友人知人にまで借金の手を広げていました。他に収益を上げる事業も考えられず、今後印刷業界が好転することも期待できません。私は社長とともに借入先に頭を下げてまわる一方、手遅れにならないうちに会社をたたむことを提案していますが、従業員の生活や長くお付き合いのあった取引先の信頼、積み重ねてきた実績のことを考えると、なかなかその決断ができないといいます。

しかし、決断を先延ばしにするだけでは、うまくいくものも、やがてはうまくいかなくなってしまいます。私たちコンサルタントは、自ら解決しようとする人を精神面から支え実務的な処理を行うことはできますが、やはり決断は経営者自らにゆだねるしかありません。経営者の方には、一人で悩まずコンサルタントにすべてを打ち明け、提示された解決策を早く受け入れ、手遅れにならないうちに問題解決に取り組んでいただくことをお願いしています。

                             続き=その二=にて

|

« №31 ヨレヨレ!夏の出来事(仕事に遊びに) | トップページ | №33 買って、読んで下さい(その2) »

「大誠企画★新着情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104625/24114826

この記事へのトラックバック一覧です: №32 買って、読んでください(その1):

« №31 ヨレヨレ!夏の出来事(仕事に遊びに) | トップページ | №33 買って、読んで下さい(その2) »