« №33 買って、読んで下さい(その2) | トップページ | №35 フラガール 常磐炭鉱の決断 »

№34 買って、読んでください(その3)

Img_0746 マイベストプロ http://mbp-tokyo.com/taisei-kikaku/

注目!「地域で活躍する事業再生アドバイザー」

出版元 ㈱カナリヤ書房

大森孝成の寄稿文(その三)

■波に翻弄されてきた40

 

学生時代、私は「慶応義塾クルージングクラブ」で外洋ヨットと出会いました。卒業後、同クラブのOB会の世話役として後輩の育成と支援を行ってきたほか、学生同期の仲間たちと共同で船を手に入れ、大海原で自然と向かい合う厳しさと喜びを味わってきました。大学卒業からすでに40年以上の歳月が流れ、この間にヨットは4代目、友人たちもみんなおじいちゃんになり、船に孫を連れてくる人も現れるようになりました。

振り返ってみればこの40年は、まさに激動といえるものでした。父親が経営する製紙会社の倒産と任意整理、再興した製紙会社の法人譲渡、印刷紙器製造会社の創立と自己破産、父親の他界と相続の限定承認、倒産後のサラリーマン生活、不動産業への転進、そして事業再生コンサルタントとしての出発。債権者と称する整理屋に、手形を楯に会社に乗り込まれ事務所に監禁されたり、法人譲渡に反対する社内勢力と対峙したり、連帯保証により自宅が競売にかけられたりと、二度と経験したくない負の出来事が連続しました。不渡りが決定的となった手形の決済日、すでに万策も尽き強い脱力感と絶望感にさいなまれ、まんじりともせず迎えた夜明けは絶対に忘れられません。それまでの努力、築き上げてきた信頼、生活基盤の全てが水泡と帰す、最後の朝となるわけですから。

そんなとき私を支えてくれたのは、全てを包み込む大海原、そして木の葉のように翻弄されつつも力強く進むヨットでした。仕事の現場から離れ、自己を見つめなおす時間と場所を私に与えてくれました。たどり着いた港で満天の星を見上げながら友と語らうことも、ひとときの心の休暇です。失望のどん底にあるときも、目標に向かって決意を新たにするときも、海と船、そして40年来の友は私の帰る場所をいつも用意してくれています。

その友人たちも、皆がいつも順風満帆にやってきたわけではありません。潮に流され、風に行く手を阻まれ、高い波に揉まれてきたのです。

そして、今私が手助けしたいと願う経営者もまた、それぞれの事情と悩みを持っています。過大な債務、生活基盤を失うこと、高齢化、後継者の不在、複雑な相続事情、業界の未来。彼らにとって、おそらくはじめて経験するこれらの不安が、精神を打ちのめしています。その恐怖は、実際に経験してきた者にしか分からないかもしれません。私は彼らの負の先輩()として、立場と悩みを共有して解決に臨んでいます。不安を共有すれば当然ストレスも共有することが多々ありますが、そのためにも海と船、そして利害関係のない友が必要なのです。経営者の方々にも、仕事から時間的にも距離的にも離れて自分自身を見つめることができる“心の逃げ場”を用意することをお勧めします。気持ちの切り替えが、再生への第一歩へとつながることもままあるのです。

 

■水先案内人として、経営者に航路を示す

 

債務を抱えていることが公になると、債務者のもとには不動産の任意売却を促すダイレクトメール

100通前後も届きます。もちろん、状況によっては任意売却は差し押さえられて競売にかけられるよりははるかに有利なのですが、一方的に送りつけられるDMに「問題解決をサポートします」と書かれていても、やはり不安は解消されないでしょう。そこで私は、できるかぎりクライアントの中に入り込んで、相手が納得し、完全に不安が消えるまで誠心誠意サポートすることを心がけています。地方の場合は不動産の価値も低く厳しい案件が多いのが現実ですが、それでもすぐに出かけて行きます。実際に同じ不安を経験してきた者として、不安な気持ちをできるだけ早く楽にしてあげたいと思うからです。

また多くの経営者は、財務状態が悪化すると、会社の損益ではなく資金繰りにしか目が向かなくなっています。そのうえ、従業員や取引先に迷惑をかけたくないとか、倒産させたら自分の生活がどうなるか分からないといった不安から、有効な対策を打ち出さずただ会社を延命してしまい、より状況を悪化させてしまうのです。こうした経営者は、世の中に大勢いるはずです。私は彼らに正しい道と解決策を提示し、背中を押して決断を促し、解決に向かって導いていく“水先案内人”でありたいと考えています。そして問題解決がなった暁には、お互いに腹を割った話ができる友人として末永い付き合いができれば、これに勝る喜びはありません。

すべては、不安を和らげ、喜んでいただけるその姿を一目見るために。自分の経験を生かした親身なサポートを、これからも続けていきます。

 

【概要】

社名:合資会社大誠企画

設立:昭和1011月(平成4年、商号・目的を変更)

代表:代表社員 大森孝成

住所:東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F

連絡先(TEL):03-5725-1641

   (携帯):080-1129-2271

E-Mail):tsk@taro1933.com

HPhttp://www.taisei-kikaku.com(私の全てを開示)

資格:宅地建物取引業免許  東京都知事()第62867号

   宅地建物取引主任者登録番号 (東京)第135532号

|

« №33 買って、読んで下さい(その2) | トップページ | №35 フラガール 常磐炭鉱の決断 »

「大誠企画★新着情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104625/24142770

この記事へのトラックバック一覧です: №34 買って、読んでください(その3):

« №33 買って、読んで下さい(その2) | トップページ | №35 フラガール 常磐炭鉱の決断 »