« №58 ゲッツ・ユニオン事件、詳細① 新たな被害者を生まないように! | トップページ

№59 ゲッツ・ユニオン事件 詳細② ㈱ゲッツインターナショナル、㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス、㈱サンシャインの関係

http://mbp-tokyo.com/taisei-kikaku/(マイベストプロへリンク)

H27.5/24

 ゲッツ・ユニオン・サンシャイン等の関係

 麹町不動産 株式会社fuu’z (旧社名 ㈱ゲッツ・インターナショナル)

 本社 東京都千代田区麹町3-5-17晴花ビル

 株主(支配権)宮上()元伸77.2% 宮上順美12.5% 重永剛宏6.9

 つまり90%の宮上元伸の同族会社(宅建免許申請書出資者明細を確認)

 役員 代表取締役社長 宮上()元伸

 取締役副社長 重永剛宏

 取締役 宮上()順美(すんみ)(代表配偶者)

 取締役 大久保祐光 松山良洙 湯山朋典

 (なお、H27.1/16社名変更登記 H27.4/21宮上元伸以外の全役員が一斉に辞任登記)

 資格 宅地建物取引業者 免許番号 東京都知事(2)85705

 宅建免許に必須である専任宅建取引主任者 

 明石正敬(H18.4/1H23.1/31)主任者登録番号(東京)178064

 重永剛宏(H23.2/1~現在) 主任者登録番号(東京)214625

 従業員 明石正敬 田中康一 辻祐一(ユニオンの社長であるながら本人証言によると、ゲッツの社員だと?

 

 ㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス

 本社 東京都千代田区一番町9-14ユリパリス6階(H25.5/30移転登記)

 (前住所:東京都千代田区麹町3-5-17晴花ビル)

 株主(支配権)㈱ミヤガミホールディング100% 同社の株主宮上()元伸100

  つまり宮上元伸100%の会社(定款等を確認)    

 役員 代表取締役 辻祐一(本人証言によると、ユニオンの社長と主任者は名義貸しで自分はゲッツ社員だと?)

 H20.8/25辻祐一を残し、他の次の全役員が一斉に辞任する。

 宮上元伸 重永剛宏 角政樹 堀江聡史 宮本倫宏 宮上勝雄 峰尾智憲)

 登録 東京都貸金業者登録業者 登録番号 東京都知事(3)31079

 貸金業者登録に必須である貸金業務取扱主任者 辻祐一 主任者登録番号K100014828

 社員 明石正敬(本人証言によると、自分がユニオン差配者だと?)

 

㈱サンシャイン

 ◇同社は、平成261月、解散登記し精算結了。しかし同社は平成18年~平成24年の間、ゲッツ よびユニオン(前身の会社:㈱ユニオンリーシング含む)や㈱JRE等と共に、 ゲッツに物件所有権を移転する際、同社がその資金を融資して抵当権者として設定登記し、時には債務者ゲッツが債務不履行したとして競売申立 てをする役割を担っていた。(他に宮上()一族の某個人も登場)

 ◇同社はH15年3月代表取締役辻祐一、本社港区西麻布、社名有限会社TSUJIYA(辻や)、その後辻祐一自宅住所(草加市)に移転された後、平成166月増資・社名変更(㈱サンシャイン)・組織変更(有限会社⇒株式会社)・本社移転(神田小川町)・役員辻祐一が辞任、新たな代表取締役に宮上()貞順、取締役宮上()富士子が就任。

 

解散前の謄本内容と東京都貸金業者登録簿

本社 東京都千代田区神田小川町2-12-14晴花ビル(屋上の仮設建物内)

株主(支配権) 宮上()貞順100%(宮上一族某氏の配偶者)

 役員 代表取締役 宮上()昌樹 取締役 宮上()富士子 監査役 宮上和子

 登録 東京都貸金業者登録業者 登録番号 東京都知事(2)31069

 貸金業登録に必須である貸金業務取扱主任者 竹下忠義 主任者登録番号K090003468

 

種々の矛盾とポイント(H26.4/14本人尋問記録参考)

①ゲッツとユニオンは共に宮上()元伸の会社である。(支配者は同一人物)         ②ゲッツとユニオンは、対外的には別人格を装っているが、株主・役員・社員が重なっており       実体は同一会社で、役員と社員は不動産資格と貸金業資格を使い別け、顧客を錯誤状態に陥れ暴利を貪る。                                        ③明石正敬 ゲッツの宅建従業者且つ前宅建取引主任者として東京都に免許申請している者が、それは「名義貸し」で、自分はユニオンの差配者だと答弁。裁判で指摘されるまでの偽名「清水良二」 辻祐一 ユニオンの社長であり且つ貸金業務取扱主任者として会社登記され且つ東京都貸金業者登録簿に記載されている者が、自分は「ユニオンには関与していない。ゲッツの社員だ」と答弁。

 つまり彼らは2会社を兼務兼業していることを明白にしたくないため、このような理屈を立て 答弁したと考えます。また彼らの関係は同級生や古くからの知合いだと答弁したように、皆仲間。

 また明石正敬は名義貸しだと答弁していながら、他方ではゲッツから社名変更後の今でも「fuu’z宅建主任者明石正敬」の名刺を持ち歩いていることが明らかになったように、正に両社は一体で役員社員は兼務しているわけです。                    ④重永剛宏 偽名清水良二を名乗っていたことについて、「勿論知っていたが、問題もないうえに他人のことなので放置していた。」と、宅建取引主任者明石正敬名義を借りている立場である筈のゲッツ副社長の答弁でした。宅建業法違反についての指摘にも「知っていた」と答弁するなど、違法当たり前の姿勢でした。

 記:大森

|

« №58 ゲッツ・ユニオン事件、詳細① 新たな被害者を生まないように! | トップページ

「大誠企画★新着情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104625/60118141

この記事へのトラックバック一覧です: №59 ゲッツ・ユニオン事件 詳細② ㈱ゲッツインターナショナル、㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス、㈱サンシャインの関係:

« №58 ゲッツ・ユニオン事件、詳細① 新たな被害者を生まないように! | トップページ